プレイヤーネーム

フォートナイト|有利で強いプレイヤーネームへの変更

2021年5月26日

フォートナイト

フォートナイトでのプレイヤーネーム戦略

フォートナイト攻略ブログを名乗りながら「フォートナイト戦略」カテゴリーの記事が少ないので、たまには真面目に40代のおじさんのためにフォートナイト戦略について書かないといけない。

繰り返しコピペをしているが、40代のためのフォートナイト戦略を下記のとおりである。

重要なので、印刷してテレビかモニターの近くに貼っておくように

40代のためのフォートナイト戦略

基本方針

  • おじさんの知識や経験に基づく判断能力をフォートナイトに応用し徹底的に活かす
  • 小中学生が優位となる能力の影響が大きい状況を徹底的に避ける
  • コントロールできる部分は小さな点でも徹底的に補強する

行動指針

  • 芋りを基本とする
  • 芋れない状況でも極力戦闘を回避する
  • 戦わざるを得ない状況では、近距離戦を避け中長距離で戦う
  • 金をかける
  • 練習時間を効率的に使う

今回は「行動指針」における以下にフォーカスを当てたい。

  1. 芋りを基本とする
  2. 芋れない状況でも極力戦闘を回避する
  3. 戦わざるを得ない状況では、近距離戦を避け中長距離で戦う

上記はいずれも「敵を避ける」あるいは「敵と距離を置く」ということで、消極的な行動であることは間違いない。

この行動指針に疑義がある方は
分析・考察-40代と小中学生の比較 カテゴリーの記事一覧
フォートナイト戦略-基本戦略 カテゴリーの記事一覧
を熟読した上で異議申し立てをしてほしい。
(上記を熟読してなお疑義があるということは最低でも原稿用紙30枚程度の反論文にはなるであろう)

話を戻し、「敵を避ける」あるいは「敵と距離を置く」という行動は、必ずしもプレイヤーである40代のおじさんだけに委ねられているわけではない。

何が言いたいかというと、

  • 「敵が」自分を避ける
  • 「敵が」自分と距離を置く

いうように、敵の行動によっても実現されるということである。

となると考えないといけないのは、

  • 「どうすれば敵が自分を避けてくれるか」
  • 「どうすれば敵が自分と距離をおいてくれるか」

という点になる。

日常生活では避けられたり距離を置かれることが通常であるおじさんでも、フォートナイトの中でそれを実現しようとすると急に難問になる。

フォートナイトの中ではおじさんのキモさが伝わりづらいからである。

そもそも、行動指針において、「敵を避ける」「敵と距離を置く」という概念にたどりついたのは、ガチ勢や猛者を避けるためである。

よって、敵に自分を避けてもらい、距離を置いてもらうには、あたかも自分がガチ勢や猛者のように見せかければいい。

そこで鍵になってくるのがプレイヤーネームである。

ガチ勢と猛者のプレイヤーネーム

ブログ主の経験上、アルファベット2文字がプレイヤーネームの最初に付いているのはガチ勢や猛者である。(例:AB_ブログ主)

これは、そのアルファベット2文字が所属しているクラン(チームみたいなもの)を表しており、クランに所属しているということは日常的にガチで猛者な集団の中で揉まれているというわけで、強いことは当然である。

プレイヤーネームのおすすめ

40代のおじさんも、プレイヤーネームの最初になんでもいいから適当にアルファベット2文字を付けることをお勧めする。

実際にブログ主もそうしている。いわば一人クランである。
(何人かのフレンドさんに「付けてもいいですよ」とお伝えしているのだが、なぜか皆さん遠慮してばかりである)

でも、プレイヤーネームってプレイ中に分からないじゃないですか

などというのは愚問である。

ガチ勢や猛者ほど、キルログ(誰かが誰かを倒したときに画面左の方に表示されるやつ)に注目してプレイしている。

そこで、BOTを倒して存在をアピールするのである。

そこでやられてしまっては元も子もないので相手を間違えないように

(クランに所属している猛者がいる・・・!!)と思わせればこちらの思うツボである。
敵の方から自分を避け、自分と距離を置くように立ち回ってくれることになる。

一度、騙されたと思って試してほしいが、2週間はプレイヤーネームを変更できないのでその点だけ注意してほしい。

あわせて読みたい

具体的なアルファベット2文字を提案した記事を投稿したので以下も参考にしてほしい。

詳細はこちら

-プレイヤーネーム