フォートナイト攻略ブログ【初心者/大人向け】40代でもビクロイ取りたい!

子どもの影響を受けてフォートナイトを始めた40代のおじさんが、動体視力・反射神経の低下などの老化現象に抗いビクロイを取るため、戦略的な視点から考察と検証を行うブログです。

Vol. 71 フォートナイトで押したキーの回数を数えた結果(その2)

直接この記事に来た方は先にこのブログの紹介記事を一読ください。
今回の記事はキーマウプレイヤーまたはこれからキーマウへの移行を考えている方におすすめです。

フォートナイトで押したキーの回数を数えた結果

 この記事は下の記事の続きになります。 

fortnite-strategy.hatenablog.com

前回、なぜブログ主がフォートナイトのプレイ中に押したキーの回数を数えるに至ったかという背景を記載した。

おそらくそんなことをしているのはブログ主くらいだと思われる。

そんなことしている時間があったら練習しろ、という指摘は真摯に受け止める。

さて、今回の記事では、まずは測定した結果を公表することにしたい。

ブログ主がフォートナイトをプレイしている間に押した動作の回数と割合を表にしたものを下に掲示するが、その前に記録を取るにあたっての前提条件を記載しておく必要がある。 

記録を取るにあたっての前提条件

記録日:2021年3月24日

マッチ数:8マッチ*1(ソロ、デュオ、トリオ含む)

使用キーボード:G913 TKL

使用マウス:G604

キーボードとマウスのレビューについては、以下の記事を参照いただければと思う。 

fortnite-strategy.hatenablog.com

fortnite-strategy.hatenablog.com

測定結果

なお、どのキーを割当てていて、どの指で押しているかも記録しているが、この段階では不要な情報のため、省略している

f:id:fortnite-strategy:20210518081549j:plain

動作の種別を分かりやすくするために、

  • 黄:移動アクション
  • 赤:スロット割当
  • 緑:建築系アクション
  • 青:攻撃アクション
  • 白:その他

と色分けした。

また、記録を取る都合上、マウスのホイール(上下)とホイール押し込みがカウントされていない。

ブログ主は、

  • 上ホイール:スロット1(ショットガン系を配置)
  • 下ホイール:編集リセット
  • ホイール押し込み:ピン打ち

と設定している。編集リセットとピン打ちはともかく、上ホイールによるスロット1は、スロット2より回数が多いであろうことは想像ができる。

この記録を取ったときの特殊要因

Chapter2 Season6ではクラフトという要素が加わったことから、インベントリを開く回数と、クラフトする武器を選択するキー(床と同じキーが割当てられていた)の回数が通常以上に増えていることが挙げられる。

また、「エモート」「トラップ」「設定無し」の押下回数はミスタイプである。

この状態では分析がしづらいため、多くのキーマウプレイヤーにとって標準のキー配置といえる以下を除外した。

「左」「右」「前」「後」(WASDキー)*2

「ジャンプ」(スペースキー)

「撃つ」(左クリック)

「ADS(照準)」(右クリック)

測定結果(加工後)

f:id:fortnite-strategy:20210518084136j:plain

だいぶスッキリしたとともに、どのキーを多く押しているのかが一目瞭然となった。

基本的には、押す回数が多いキーを、キーボードで押しやすい位置に割り当てるのが自然と言えるが、まずはこの測定結果から読み取れることを客観視することが必要と考えた。

なぜなら、プレイヤーによって、どのキーを多く押しているかという結果は(特に上の加工後の表の動作については)大きく異なることが予想されるためである。

次回は、この測定結果から読み取れるブログ主のプレイの傾向と課題について記載することにしたい。

*1:サンプルとなるマッチ数が少ないかとも思ったが、傾向として変わらない様子が見られ、マッチ数を増やしても比例的に各動作の押下回数が増えていくことが予想されたため8マッチで十分と判断した。

*2:「前」の回数が「左」「右」より少ないのは、「前」はキーを押しっぱなしにしている事が多いという理由が想定される