フォートナイト戦略

麻雀から学ぶフォートナイト戦略

2021年5月4日

フォートナイト

麻雀から学ぶフォートナイト戦略

フォートナイト情報・攻略サイトと称しながら、しょうもないネタが多いので、たまにはフォートナイト戦略に関する記事を書こうと思う。

このブログは他のフォートナイト攻略サイトとは違った切り口が売りだと自称しているので、ブログ主が前々から思っていた、「フォートナイトって麻雀と似てるよなぁ」という感想をフォートナイト戦略に昇華させたい。

書き忘れていましたがブログ主は麻雀好きです

フォートナイトと麻雀の共通項

分かる人には分かるんじゃないかと勝手に思っているのだが、そうでもないだろうか。

もちろん、かたやコンピューターシューティングゲーム、かたやテーブルゲーム(4人または3人)ということで表面的には大きく異なる。

しかし、どういう人が勝つか(負けるか)という点について、麻雀から学ぶことができる点は複数あると思う。

麻雀もフォートナイトも不完全情報ゲームである。

不完全情報ゲームとは

ゲームに必要な情報を各プレイヤーが完全に知ることができないゲームである。

麻雀で言えば、相手の手牌は見えないし、次のツモが何かも分からない。ポーカーも同様に不完全情報ゲームである。

よって、不完全情報ゲームには運の要素がつきまとう。(とは言え、長期的には実力差が戦績に現れる。)

この点は、運が40%のフォートナイトも不完全情報ゲームと言える。

運が40%については以下の記事を参照。(この記事、個人的に気に入ってるのでアピールさせてください。)

参考記事

逆に、完全情報ゲームは、将棋やチェスのようにお互いの手の内がすべて見えている前提のゲームであり、素人がプロに勝つことはまずない。(将棋で羽生名人に何回挑んでも勝てるわけがない)

ポイント

フォートナイトも麻雀も不完全情報ゲーム

なお、麻雀は運ゲーか、ということが話題になることがあるが、「運の要素が大きいが長期的には実力が現れるゲーム」というのが正確な表現だと個人的には思っている。

成功者ほど、成功の要因を聞かれたときに「運ですよ」と回答する傾向があるらしいので、ブログ主も何かにつけて「運ですよ」とか「いやー、運がよかっただけですよ」というフレーズを多用している。

このフレーズは謙遜しつつも実はできる男という匂わせも嫌味にならない程度に含ませることができ、大物感を演出するにはかなり使えるものなので是非活用してほしい。

麻雀で勝つ(負ける)プレイヤーとは

これはブログ主の麻雀に対する私見に過ぎないが、麻雀は

勝つのは運、負けるのは実力

であると考えている。故野村克也監督も「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」という名言*1を残しているが完全に同意である。

麻雀で負けるのは無駄な失点をするプレイヤーである。

麻雀の解説をするブログではないので麻雀のルールについては割愛するが、素人ほど自分が上がることに腐心し、周りのプレイヤーの動向や、全体の戦況の中での自分の立ち位置が見えていない。

「蟻の目、鳥の目、魚の目」という言葉があるように、蟻の目の高さで足元をよく観察し、鳥の目線で全体を俯瞰し、魚のように流れを読むことが肝要である。

ポイント

麻雀が異様に強いのは場数を踏んだおっさん

場数を踏んだおっさんは上記の勘所と押し引きをよくわきまえており、キッズなどは赤子の手を捻るように御することができる。ブログ主も散々得体の知れないおっさんに泣かされてきた。

そして、

この大人のしたたかさこそ、フォートナイトでおじさんが勝つための戦い方に通ずるところがある

自分の動き以上に、地図で全体の戦況を把握しつつ、現在の順位、残りプレイヤー数、他プレイヤー同士の動きを読みながら、最適な行動をするという大人の立ち回りにより、敵を見つけたら突進するしか能のない子どもをうまくあしらっていくことができる。
(麻雀では自分の手元だけ見て引くことを知らないプレイヤーは、全ツッパといい、カモにされる存在である)

麻雀界最強から学べること

麻雀を知っている方であれば、雀鬼桜井章一が頭に浮かんだかもしれないが、

麻雀最強は和田アキ子である。

なぜか。和田アキ子が勝つまでやめさせてもらえないのである。

出所:アッコにおまかせでの勝俣の言葉(多分)

こうなると勝率は100%である。

もはや「勝ちとは何か?」という哲学の領域に入ってくるが、フォートナイトも勝つまでやれば勝率100%と言えなくもないので、我々はひょっとしたら麻雀ではなく和田アキ子のメンタリティから学ぶべきだったのかもしれない。

オンライン麻雀 Maru-Jan

オンライン麻雀のおすすめです。

全自動卓をいつか買います

-フォートナイト戦略