おすすめ記事 トラブルシューティング

フォートナイトで死体撃ちされたときの大人の対応

2021年5月1日

措置が取られました

フォートナイトで死体撃ちされたときの大人の対応

この世には2種類の人間がいる。

死体撃ちをする者と、しない者だ

ネタで書き始めたのではない。これには深い意味と思いを込めている。

今この文章を読んでくれている貴方はこの時点で忍耐強いことが証明されているので、「しない者」であることを信じている。この記事は「される者」の立場で書いている。

なぜ冒頭のような書き出しにしたかというと、この問題は、やれ死体撃ちをするのはSwitch勢が多いとか、キッズだとか、大人でも精神年齢が小中学生だ、とか不毛な論争を巻き起こすからである。

特に最後などは小中学生に失礼である。もちろんきちんと統計を取ることができればそういう実態にたどり着くのかもしれないし、そういう傾向があるのかもしれない。

しかしそんな分析に意味はないと考える。結局個人の行動の問題だからである。

しっかりとした小中学生だって多くいる。

このブログは主に40代以上のおじさん向けに40代のおじさんが書いているが、大人たるもの、死体撃ちされたくらいで頭に血を上らせず、

「やれやれ、死体撃ちですか」

くらいの心の余裕を持ちたいものである。

そして黙って通報しよう。

通報の手順

report player

やられると画面右下に上図のような項目が表示されている。死体撃ちをされている場合はここで「プレイヤーを通報」を選択。

プレイヤーを通報

次の「お問い合わせの理由」という画面で、再度「プレイヤーを通報」を選択。

プレイヤーを通報

次の「プレイヤーを通報」という画面で、「嫌がらせ/悪質なゲームプレイ」を選択。

ブログ主個人の意見を言うと、このような抽象的な表現とは別に「死体撃ち」という項目を具体的に作れば抑止力になると思うのである。
(もう一つ要望を言えば「強すぎる」という項目もほしいところである)

プレイヤーを通報

次の画面で、通報するプレイヤーを選択して完了である。

通常は「倒された相手」が死体撃ちをしたプレイヤーであるが、自分が先に死んでいてチームメイトが死体撃ちをされた場合は「観戦中」のプレイヤーが死体撃ちをしたプレイヤーであることもある。

チームメイトも通報対象として表示されているのは、野良のパーティーメンバーが悪質なプレイをした場合のためだろう。

決してフレンドさんを影で通報して陥れるためのものではないので、そういうところで大人の闇の部分を出さないように

通報の効果

こんな通報をして効果があるのかと思われる方もいるかもしれない。しかし、通報をしていると以下のような通知がゲーム起動時に表示されることがある。

プレイヤーを通報

処罰の実施

通報していただいたプレイヤーの迷惑行為に対し、適切な処分を実施いたしました。

楽しくフレンドリーなフォートナイトコミュニティの維持にご協力いただき、ありがとうございます!

一見明るい文調であるが、どんな処分が下されたのかを想像すると身震いがする。

プレイヤーを通報
決して楽しくフレンドリーな感じはしない

右の男性(秘密警察と思われる)による内偵調査が裏で行われており、犯行が確認された後に、左の武装した女性が武力行使による制圧を行っていたのである。

「措置」「処罰」「処分を実施」という物騒な言葉が並ぶので素人はこれ以上深追いしない方が身のためだろう。

一方、ブログ主は

プレイヤーを通報

の部分を読み、胸がじんわりと暖かくなるのを感じた。

読者のおじさんは振り返ってほしい。最近、コミュニティに貢献したこと、人から感謝されたこと、ありますか?

ブログ主はない。

これは「楽しくフレンドリーなフォートナイトコミュニティの維持に協力」しなければという熱い思いに駆られ、今日も通報をしている。

あわせて読みたい

-おすすめ記事, トラブルシューティング