ヘッドセット

ヘッドセット関連の周辺機器の紹介と解説

2021年4月27日

サウンドユニット

ヘッドセット関連の周辺機器の紹介と解説

以下の記事でフォートナイトにおすすめのヘッドセットとしてGSP600の紹介をしました。

詳細はこちら

今回は、これまでおすすめしてきたフォートナイトのための環境整備アイテムと比べ、必要性と重要度は落ちるのですが、ヘッドセット関連の周辺機器についてどのようなものがあるのかについてです。

様々な商品と専門用語があり混乱しがちな分野なので、それらについても解説を添えたいと思いますが、ブログ主も専門的・技術的な解説ができる業界人ではないため、少なくとも「間違っていない情報」の範囲での簡単な内容に留めたいと思います。

さて、上記の記事の最後で、ヘッドセットをフォートナイト(またはゲーム)のためだけに使うのであればワイヤレスでもいいのではないか?という疑問を残した。

にも関わらず有線のヘッドセットを選択した理由、そして複数の周辺機器について紹介と解説を行うためには、本来前置きの説明が必要だが、案の定長いので最後に持っていくことにした。

先に「ヘッドセット関連の周辺機器」について簡単に紹介と解説をしていく。

サウンドカード・サウンドユニット

今回紹介の中では一番大事。

PCやゲーム機にヘッドホンプラグ(USBじゃない)でヘッドセットを繋ぐ場合(「直挿し」と呼ばれる)、フォートナイトなどゲームからのデジタル音はPCまたはゲーム機内蔵の部品によってアナログに変換される。高いゲーミングPCは別にして、通常はこの部分にコストは掛けられておらず低音質になることと、PCやゲーム機の内部で変換されるため音にノイズが乗りやすくなる。

この部分を外出しし、入出力端子やその他の機能を付加したものがサウンドカード・サウンドユニットと呼ばれるものである。
また、マイク入力についても、ノイズ抑制などの機能がサウンドカード・サウンドユニットに付属のソフトウェアに付いていることが多い。
PCやゲーム機とは主にUSBで接続。

アンプ

Amplifierの略で、音波の増幅を行い音量を上げるもの。ピュアオーディオの世界ではアンプ単体で商品が存在しているが、前述のとおりサウンドカード・サウンドユニットにはアンプも(ほぼ)含まれている

DAC

Digital to Analog Converter」の略で、文字どおりデジタル音源をアナログに変換するもの。これを前面に打ち出したものがDACという分野で商品化されているが、普通はその機器に入出力端子やアンプも付加されているのでサウンドカード・サウンドユニットとの違いが極めて不明瞭な存在

音楽鑑賞用の商品としてはDAC、ゲームを中心とした用途ではサウンドカード・サウンドユニットとして住み分けされているくらいに思っている。

サウンドカード・サウンドユニットのところでも記載したが、DACはPCやゲーム機に備わっている。(そうでないとイヤホンなどを繋いだときに聴こえない)

オーディオインターフェース

マイク入力も含め、音源の入出力を拡張し、それらの音量の調整やモニタリングを行うことに主眼を置いたハブとなる機器。

ゲーム配信者はマイク入力をしながら、自身のヘッドセットでゲーム音と配信音を聞く必要があり、オーディオインターフェースを利用していることが多い。

ミキサー

複数の音源をミックスしてひとつのヘッドセットで重ねて聞くことができるようにするための機器。

オーディオインターフェースの複数の入出力端子を用いることもできるし、ミキサー機能に特化したシンプルなものは安価で売られている。

フォートナイトはゲーム内にボイチャ機能があるが、それがない場合、特にSwitch勢はDiscordを入れたスマホとSwitchをミキサーに接続し、そのミキサーにヘッドセットを繋ぐことでボイチャとゲーム音を同時に聞くことができる。

イコライザー

音の周波数(低音~高音)の領域毎に、音量を調整するもの。これは機器というよりはソフトウェアでの制御になる。これによりフォートナイトでは足音の周波数の音量だけを上げるといった調整ができる。このソフトウェアはサウンドカード・サウンドユニットに付属していることが多い。

購入の優先順位

簡単な紹介と解説だったが、上記を見ていただくと、通常のフォートナイトのプレイでヘッドセットを強化したいならば、

各種機能(特にイコライザー)が付随された「サウンドカード・サウンドユニット」を追加購入し、ヘッドセットを有線で繋げばよいということになる。

なお、ブログ主はヘッドセットのブランドと合わせ、以下の商品を使っている。(PC向けなので注意)

家庭用ゲーム機(特にPS)にも使え、評価も高く人気なのは

また、配信者であれば下の定番オーディオインターフェース(ブログ主も愛用)

Switchで他のゲームでボイチャをしたい場合はシンプルで安価なミキサー(商品例)が追加アイテム候補になるだろう。

以降は冒頭で

有線のヘッドセットを選択した理由、そして複数の周辺機器について紹介と解説を行うためには、本来前置きの説明が必要だが、案の定長いので最後に持っていくことにした。

と記載した部分なので、興味がある方は続きを読んでください。上の解説の理解が深まると思います。後になって順番を入れ替えたので導入が不自然になっているのはご容赦を。

次のページへ >

-ヘッドセット