スキン フォートナイト戦略

フォートナイト|おじさんにおすすめのスキン

2021年4月23日

スキン

ブログネタ パクられ疑惑

やられた。

タイトルの「フォートナイトおじさんにおすすめのスキン」はかなり以前より当ブログの下書きフォルダに眠っており、投稿するタイミングを見計らっていたところであった。

ここ最近はフォートナイトをプレイする土台となる環境整備の投稿を続けていたわけであるが、それらが完了したところで満を持してフォートナイトとスキンに関する投稿をしようと眠らせていたのである。

そこにきて4月21日の以下のGIGAZINEである。

https://gigazine.net/news/20210421-cosmetic-dlc-pay-to-win-camouflage/

完全にパ●られた。

ブログ主がスキンについて書こうとしていたことが思い切り書かれてしまっているのである。

下書きがハッキングされた!

とパニックになり、反射的に通報しようと思ったものの、どこに通報したらいいか分かずにいるうちに寝てしまい少し冷静になった。

冷静になったところで改めて読んでみると、ブログ主以上に洗練された文章で、ブログ主の意を汲んだ内容となっており、「GIGAZINEさん、やるじゃない」と上から目線で批評することで己を保ち現在に至っている。

この記事を見ている方は、Twitterでたまたま見かけたか、ひょんなことから検索でたどり着いた方がほぼすべてかと思うが、このブログは40代のおじさんがフォートナイトでビクロイを取るための戦略をネタにしているブログである。

そして、このブログでは、40代のためのフォートナイト戦略の基本方針と行動指針を、科学的根拠とブログ主の主観にもとづき、以下のとおり定めた経緯がある。

40代のためのフォートナイト戦略

基本方針

  1. おじさんの知識や経験に基づく判断能力をフォートナイトに応用し徹底的に活かす
  2. 小中学生が優位となる能力の影響が大きい状況を徹底的に避ける
  3. コントロールできる部分は小さな点でも徹底的に補強する

行動指針

  1. 芋りを基本とする
  2. 芋れない状況でも極力戦闘を回避する
  3. 戦わざるを得ない状況では、近距離戦を避け中長距離で戦う
  4. 金をかける
  5. 練習時間を効率的に使う

基本方針と行動指針の策定の経緯については以下のカテゴリーの記事に記載しています。
フォートナイト戦略-基本戦略 カテゴリーの記事一覧
分析・考察-40代と小中学生の比較 カテゴリーの記事一覧

おじさんのためのフォートナイトの戦略として「敵に見つからない」ということが重要な部分を占めていることがお分かりいただけると思う。

フォートナイト戦略のひとつとして、敵に見つかりづらいスキンという観点から一丁書こうと思っていたのであるが、

購入専用スキンは「勝敗に影響を及ぼさない」ことを前提として実装された課金アイテムです。しかし、対戦型シューティングにおいては「視認性」が勝敗に影響を与えるため、「背景に紛れ込んで見えなくなる」というカモフラージュ効果を持ってしまったスキンはゲームを優位に進める能力を有してしまっているといえます。

などは、まんま私が書こうとしていたことではないか(いやマジで)。

なので、内容についてはGIGAZINEさんの記事を読んでもらえれば十分です。

ゲームを優位に進めてしまう効果を持ってしまったスキンの代表例として挙げているのが、2019年にフォートナイトに実装された「Plastic Patroller」スキンです。Plastic Patrollerはオモチャのゲリラ兵をモチーフにした緑一色のスキンで、木の中や草葉の陰に隠れるとほぼ見えなくなってしまったため、「強すぎる」と非難を浴びました。

おすすめのスキン
Plastic Patroller

はい、このスキン紹介しようと思ってました。
当然このスキン持ってます。(非難を受けた結果、緑一色から迷彩色っぽく修正がかけられています)

敢えてGIGAZINEでは触れられておらず、言及しようとしていたことを言わせてもらえば、

いやいや、スキンよりPCや周辺機器への金のかけ方や、PCと家庭用ゲーム機の差の方が大きいだろ

ということくらいである。

もともとフォートナイトはPay to Winと呼ばれるFPS/TPSのジャンルなのにこういう非難の声が大きくなるということは、それだけフォートナイトのプレイヤー層が広がり、競技シーンも盛んになってきていることの裏返しなんでしょうね。フェアネスとは何か考えさせられてしまいます。

スキンについては他にも色々と考えていたことがあり、結局ブログ主はPlastic Patrollerのスキンを使っていない。

その理由や考えていたことを、落ち着いた頃に続編またはスキンについての別ネタとして書くかもしれないし書かないかもしれない。


おすすめのスキンを別記事で投稿しています。

詳細はこちら

-スキン, フォートナイト戦略