ゲーミングスペース マニアック

家に居場所がないフォートナイトおじさんのゲーミングスペース確保法

2021年4月20日

ゲーミングスペース

家に居場所がないおじさん

ブログ主は、PC勢だけでなくSwitch 勢にもPS勢にも、 モニターが最初に投資するアイテムとしておすすめだと紹介をした。

関連記事

読者の方から、「それは分かったけどそんなスペースうちにはないよ」という嘆きの声にも似た質問をいただいた気がしたので回答したい。

実際、ブログ主も、モニターが最初に投資したアイテムと言ったが、モニターを置く机とスペースすらなかったので、正確には机が一番最初に投資したアイテムである。

家庭用ゲーム機をテレビで遊んでいるおじさんの場合、モニターを置く机がないということは大いにありうる。

家で仕事用にデスクとチェアがあるおじさんはそのスペースを使えばいいし、自分の部屋があるおじさん(まずいないと思うが)はそもそも冒頭のような嘆きの声は上げていない。

ブログ主も家にいろいろな意味で居場所がないおじさんであったので世のおじさんのご家庭での立場は心中お察しする。

フォートナイトおじさんスペース問題

  1. 物理的に本当にスペースがないのか
  2. 居室の一角を占有することの妻の承認は得られるのか
  3. 机と椅子を買う予算について妻の承認は得られるのか

物理的に本当にスペースがないのか

部屋のどこかにデッドスペースみたいな場所は本当にないだろうか。
おじさんの唯一の憩いの時間は家族が寝静まった後であるので、家族の寝室からは離れていることが望ましい。

おじさんだけ寝室が別という場合はそこがベストチョイスである。

スペースとしては、幅80cm(理想は90cm)、奥行き45cm(理想は60cm)が最低確保できればなんとかなる。
ブログ主は幅90cm、奥行き45cmでなんとかした。

居室の一角を占有することの妻の承認は得られるのか

在宅勤務をすることがあれば、これは大いに正当化できるポイントである。

ブログ主も在宅勤務になったものの、机と椅子がないという環境の中、数カ月はヨギボーに寝っ転がりながら座り、膝にノートPCを置いて仕事をし、

あー、デスクとチェアがあればなー

とこれみよがしにアピールをしていた。(そんなアピールしなくても在宅勤務ならとっとと買えよという話ではある)

もし在宅勤務をすることがないおじさんは、次の机と椅子を買う予算のところで紹介するが

お金は自分で出すからそこの一角だけ使わせてくれ(ください)

という実際には交換条件になっていないのにあたかも交換条件に見せかけるというバーター取引法の応用技を用いることでなんとか妻の承認を得てほしい。(各種交渉技については以下の記事で紹介)

詳細はこちら

ブログ主の友人は、むしろそのスペースにずっといてほしい、という妻の希望から、逆にスペースを勧められるという悲しい現実があったので意外とすんなりいくのではないかと思っている。(友人は冷暖房もない部屋の一角で、深夜凍えながら遊んでいた)

机と椅子を買う予算について妻の承認は得られるのか

普通にオフィスデスクで検索をすると、なかなかいいお値段の商品が目に飛び込んでくるだろう。(逆にオフィスチェアは比較的安価で販売されている)
また、せっかく確保したデッドスペースにうまくフィットする商品を探すのにも一苦労である。

今後のフォートナイト投資のために、おじさんはこんなところで余計な予算を使ってしまってはいけない。

ではどうすればいいか。

机の自作

机は自作するのである。(まじめに言ってます)

実際にブログ主はデッドスペースのサイズに合わせて自作をした。やってみれば簡単かつ安価であるし、机を作るということで子どもの興味と関心を引き多数決法により妻の承認を得やすいというメリットもある。

フォートナイト攻略ブログからどんどん離れDIY講座になっているがもはや気にしないし、超少数の固定読者の方もそんなこともう期待していないだろう。

必要なもの

天板(木の板)

サイズ

幅と奥行はデッドスペースに合わせて検討する。

厚さは後に天板にモニターアームなどを設置する可能性を考えると30mmをおすすめする(ブログ主も30mm)。

購入場所

ホームセンター

車があり、ホームセンターに行くことができればベストである。木材置き場に行き、集成材という安い木材から、希望のサイズを伝えればカットしてくれる。

ネット通販

ネットでもサイズを指定するとカットして送ってくれるショップがあるがちと割高。

IKEA通販

もし確保したスペースがギチギチでなく、天板をカットする必要がない場合は、IKEAがめちゃくちゃ安い。

LINNMON リンモン テーブルトップ, ダークグレー, 100x60 cm - IKEA

100cm×60cmで1,499円(税込)という破格の安さである。

これはIKEA一択である。

ADILS オディリス脚, ブラック

高さが70cmと固定であるが、四本で1,500円(税込)という目を疑う安さである。

高さを調整できるモデルも四本で4,000円(税込)である。

created by Rinker
IKEA (イケア)
¥880 (2021/10/23 17:36:58時点 Amazon調べ-詳細)

ブログ主はちょっと奮発し高さを調整できるモデルにしたのであるが、実際調整する局面はなく、逆に四本の平行を取るのに苦労したので高さ固定にすればよかったと思っている。

すなわち3,000円で机は作れてしまうのである。

ただ、脚を天板に固定するために電動ドライバーは必須と言っていい。一家に一台持っておくとちょっとしたときに便利だったりするので、お持ちでない方はこれを機に購入が必要となる。下はブログ主が使っている物なのでご参考まで。(ドリルのアタッチメントも必要です)

なお、ブログ主は集成材の天板を買い、後から塗装をしたのであるが、ここで謎のこだわりを発揮してしまい、塗料やワックスで結局高くついた。

料理をするといって、無駄に高い調味料を買い揃えだして妻から怒られたことがあるおじさんは注意しましょう。

椅子は適当に買ってください。

ゲーミングチェアもちゃんとしたワーキングチェアと比べたらお得な選択肢です。

環境整備のまとめについては以下の記事を参照ください。

あわせて読みたい

-ゲーミングスペース, マニアック