おすすめ記事 予算獲得法

フォートナイトおじさんのための予算獲得法2

2021年4月13日

予算獲得法

おじさんのためのフォートナイト投資戦略

見出しだけ見ると金融系ブログと勘違いされそうだがそうではない。

おじさんのフォートナイトへのお金を使い方に関する記事の第2回目である。

決してフォートナイトのプレイに直結する攻略でも戦略でもないが、フォートナイト戦略の行動指針(重要!)のひとつに「金をかける」ということを定めたので、ここは押さえておかなければいけない重要なポイントである。

アイテムを紹介する記事を投稿しても購入できなければ意味がない。

未読の方はぜひ前回の記事から続けて読んでほしい。

前回の記事

前回の記事のまとめ

  • フォートナイトのための投資は、費用対効果・投資効率での判断は劣後し、妻の承認を得ることが優先される。
  • 妻の承認の判断基準は、「目的」「金額」「頻度」の3点。
  • おじさんには、妻目線での評価を総合的に勘案した投資戦略が求められる。
  • その他の「合せ技」と組み合わせることで承認確率を上げることができる。

今回の記事の内容

  • 妻目線の評価を総合的に考慮した投資戦略の深堀り(途中まで)

妻目線の評価を総合的に考慮した投資戦略

前回の記事で、夫の個人的な買い物に対する妻の反応(尋問)の本質が、「目的」「金額」「頻度」の3点であることを明らかにした。

妻目線では、

  • 家庭にとって有益であること
  • 安価であること
  • 低頻度であること

が加点要素であり、その逆は減点要素である。
総合してマイナスの場合、「浪費」と認定されてしまうだろう。
そして、

  • フォートナイト自体がおじさんの個人的な趣味(ゲーム)であること
  • 投資対象によっては高額なものがあること
  • 投資すべき複数の物・事があること

を考えると、総合してプラスの評価を得るということも難しいことが分かる。

ブログ主は熟考に熟考を重ね、ブログ主なりの「最適解」にたどり着いたわけであるが、そこに至る思考のプロセスを記載しだすと28ページに渡る長文(脚注多め)となり国民の読者の反感を買うため、結論を重点的に記すようにする。

頻度を抑える

3つの要素のうち、最初に対策を行うのは頻度を抑えることである。これが複数のオプションがあり、もっとも対策を取りやすいからである。

ただし、この対策はおじさんのお小遣いの範囲で購入できる物に限られる。*1

まず、1つ目の対策は

「言わない」

である。

これは小物にのみ使える技である。

妻に気づかれないよう保管・使用さえできれば、妻目線ではノーカウント、買っていないと同義である。
例えば、コントローラーのエイムリングのような小物はまさにこの技が使える代表であろう。

次に、安価であるが隠すことが難しい物に対しては魔法の言葉が存在するのでこれを伝授する。

「もらった」

である。
これも、貰い物であれば仕方ない、妻目線ではノーカウント、買っていないと同義である。Switchプレイヤーであればプロコンなどが該当するであろうか。
また、この言葉は1つ目の対策が図らずも露呈した場合にも使うことになるため、スムーズに口から出てくるよう繰り返し練習しておくとよい。

加えて、「誰からもらったの?」というカウンター攻撃を喰らう可能性があるため、これへの回答も事前に用意しておく必要がある。

最後に、これは仕事によって限定されてしまうので、全おじさんに使えるわけではないのであるが、

「会社から支給された」或いは
「会社から持ってきた」

という技がある。

特に昨今の在宅勤務の普及により、この技が通用しやすくなっているので、在宅勤務がある方は積極的に活用してほしい。また、在宅勤務でなくても「在宅勤務になる可能性がある」として決行することもできる。
これは具体的には、マウスやキーボード、ヘッドセットといったOA機器周りに対して有効な技である。
これも、会社から支給されたのであれば仕方ない、妻目線ではノーカウント、買っていないと同義である。

上記を組み合わせることで、妻の「また買ったの?」攻撃回数を大幅に削減することができ、家計を利用せざるを得ない投資のために温存することができるのである。

また、当然であるが、そんな頻繁にもらったり会社から支給されるのは不自然であるので、これらの技を使うタイミングと間隔にも細心の注意を払う必要がある。

とにかく頻度の無駄撃ちは徹底的に避け、ここぞという投資の際に「また買ったの?」攻撃が出ないようにすることが肝要である。

中途半端に思われるかもしれないが、今回の記事は一旦ここで区切らせていただく。

頻度を抑える対策は、その後の対策のための下準備の意味合いが強い。

その後は「家庭にとって有益な買い物であること」「安価であること」そして、その他の「合せ技」を複合させる高度なテクニックとなる。

よって個別の項目別の解説が適さず、文量もあるため、次回総合的に解説したい次第である。

あわせて読みたい

*1:新型コロナウィルスの影響で飲み会も減っていると思うので、おじさんは極力フォートナイトのためにお小遣いを確保しておいてほしい。

-おすすめ記事, 予算獲得法